読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

decobisuの日記

適当な日々のこと

水漏れ障害対応の話

2月の終わりにマンションで水漏れを発生させてしまい、対応に追われて精神的に弱っていたが保険は満額降りるということで心の平穏が多少戻ってきた。

洗濯機の排水管を掃除した後、正しくセッティングしていなかったのが原因なので自分のオペミスなのだけど、住居というものは水害に圧倒的に弱いという認識もなかったのも原因である。洗濯機標準洗濯1回分の数十リットルが漏れた結果、床下の一番低い箇所を伝って下の階へ流れ、更にもう1階下まで浸水した。マンション自体は鉄筋コンクリだが、壁と床と天井部分などの水に弱い部分はリファクタするには丸ごと入れ替えるのが一番とのことで張り替えになり結構な障害になった。保険はマンションの管理組合で入っているもの、不動産屋との賃貸契約時に入った保険、いまの会社経由で入った個人賠償系の保険が使えるということで、前のものから順番に処理してもらう形になる。 不動産屋さんがやってくれてると思ってた管理組合の入居者情報の更新がされてなくて連絡先が前の入居者のままになっていたり、保険会社に連絡したら契約が見つからないと言われたり(後からあったと連絡もらった)、カメラ持ってるのが私だけという理由で事故当日の被害状況を自分のコンデジで撮影して保険会社に送ってもらったり、管理組合の担当者と「下の階の方が○○とおっしゃられてまして…」という話を日々やりとりしてました。 今回の障害はインターフェースとかの問題よりも、何をもって安全な状態とし、その状態をどのタイミングでチェックしていなければいけないかというメンテ時のフローがなかったことと、途中で気付けば被害は抑えられたので監視通知や自動停止などの機構を組み込んでおくと対策となるのではないかと思う。家の障害なんて数年に一度起きるかぐらいなので、おうちハックまでするべきかどうかは悩む所。


インフラやってるとオペミスした時の対応とか学んでおくと良くて、メンタルヘルスとかちゃんと意識して負荷を下げると良いです。今回の場合はけものフレンズを視聴することで大いに体力を回復させることができました。特に3話と8話の回復力が高いです。